若年性脱毛症とは

若年性脱毛症とは

若年性脱毛症って聞いたことありますか?
本来脱毛するような時期じゃないのに
髪の毛が抜けるようになるという症状のものです。

 

これは、若年性と書いてあることから10代や20代で発症する脱毛症となっています。
では、この若年性脱毛症の原因って何なのでしょうか? 
大きな原因としては、

 

  • ストレス
  • 男性ホルモン
  • その他の疾患

 

 

と言われています。
 この中のストレスはかなり大きな原因として言われています。
ストレスを強く感じることで一時的にたくさんの髪の毛が抜けたり、
精神的な気持ちの不調から脱毛症となって出てくることが多いです。
人間関係などで悩みが多い人もかかりやすくなっています。
そして、男性ホルモンも関係しています。
男性らしい体つきにしてくれるテストステロンが
ジヒドロテストステロンに変化してしまうことで、
脱毛症を起こすようになります。

 

最後のその他の疾患については、糖尿病などの内臓疾患、
ホルモンの異常などによって若年性脱毛症は発症する場合があります。

 

早い段階から抜け毛で悩むようになると本当に辛いです。
ちょっと髪の量が抜けすぎる気がする、
ストレスを日頃から溜めがちという人は
若年性脱毛症にならないようにすることが大切です。

 

若年性脱毛症では一部が円形脱毛症のようになってくるので、目立ってしまいます。
目立っていると思うと余計に気になり外出もできなくなってしまうので、
早めの治療が必要になってきます。

関連ページ

出産後の女性の薄毛について
女性の薄毛対策・原因ドットコムでは、出産後の女性の薄毛について説明します。
ひこう性脱毛症とは
女性の薄毛対策・原因ドットコムでは、ひこう性脱毛症について説明します。
脂漏性脱毛症とは
女性の薄毛対策・原因ドットコムでは、脂漏性脱毛症について説明します。