脂漏性脱毛症とは

脂漏性脱毛症とは

脂漏性脱毛症はホルモンバランスの乱れなどが
関係して起きる脱毛症と言われています。

 

過剰に皮脂が分泌されることで毛穴が塞がれてしまい、
その結果毛根が炎症を起こし髪が抜けてしまうというものです。
脂漏性脱毛症は皮脂が原因で髪が抜けてしまうものではありません。
皮脂によって毛根がダメージを受けるために
髪がしっかり生えなくなるというものです。

 

よって、脂漏性脱毛症を食い止めるためには
頭皮の皮脂をできるだけ正常に保たないといけません。
そこで、効果的とされているのが正しいシャンプーです。

 

シャンプーを意識して丁寧にすることで、
脂漏性脱毛症が改善されていくとも言われています。

 

ただ、脱毛症の中でも脂漏性脱毛症を発症する人は
極めてまれと言われているほど、珍しい脱毛症でもあるんです。

 

脂漏性脱毛症になると頭皮全体にフケが
出てきたりかさぶたとなってしまうこともあります。
それほど頭皮がダメージを受けているという証拠でもあるんです。

 

さらに、髪が抜けやすくなり・・・としばらく悪循環が続きますが、
早く気がついて頭皮の皮脂の量を
正常にしていくことで元通りになるので、
汚れを落としながら適切な皮脂の量を保つということを意識してみるといいでしょう。

関連ページ

出産後の女性の薄毛について
女性の薄毛対策・原因ドットコムでは、出産後の女性の薄毛について説明します。
ひこう性脱毛症とは
女性の薄毛対策・原因ドットコムでは、ひこう性脱毛症について説明します。
若年性脱毛症とは
女性の薄毛対策・原因ドットコムでは、若年性脱毛症について説明します。