出産後の女性の薄毛について

出産経験のある女性の7割が抜け毛を体験

出産後、髪の毛が抜けやすくなったり薄毛が気になるお母さんが多いことをご存じですか?
産後脱毛症や分娩後脱毛症と呼ばれ、
出産を経験したことのある女性の7割以上がこの抜け毛を経験しているというデータがあります。

 

なぜ、出産後に抜け毛になってしまうのでしょうか。
産後の抜け毛の主な原因は、女性ホルモンの分泌の変化と言われています。
妊娠中の女性の体は、女性ホルモンであるプロゲステロンとエストロゲンの分泌が増加します。
プロゲステロンは母体の基礎体温を上げ、
エストロゲンは母乳を出す準備や子宮内膜を増やす作用があります。
この2つの女性ホルモンが作用することで、
出産まで赤ちゃんを育てたり出産後の身体を作ったりすることができるのです。
また、これらのホルモンは肌や髪の毛に働きかけるので、
肌が綺麗になったり髪の毛のボリュームが増えたりします。
このため、妊娠中は肌の調子が良くなり、髪の毛が増えるのです。

 

この2種類の女性ホルモンは妊娠中にたくさん分泌されますが、
出産と同時に分泌量が減っていきます。
妊娠中の身体にたくさんあった女性ホルモンが減ることで、
一時的に増えていた髪の毛たちに栄養が行き渡らなくなり、抜けやすくなっていきます。
これが出産後に抜け毛が増える原因なのです。
また、慣れない子育てや家事によるストレス、
赤ちゃんのお世話で睡眠時間が削られる、
食事がまともに取れないことも抜け毛に影響していきます。

 

周産後の抜け毛は、ホルモン分泌の変化によって起こるものなので
一時的に髪の毛のボリュームが減ることによる薄毛です。
髪の毛の成長サイクルとしては、髪の毛が生える時期が2から6年、
髪の毛が抜ける時期が2から3週間、髪の毛の成長が休止する時期が2から3か月とされています。
そのため、出産後2から3か月を過ぎるとまた髪の毛は成長期に入るので生えてきます。
髪の毛の成長サイクルや女性ホルモンの分泌には個人差がありますが、遅くても1年で薄毛は改善されます。

 

薄毛を早くに改善したい人は、妊娠前の生活に戻すこと、
バランスの良い食事をとること、ストレスを発散することを心がけましょう。
特に食事ではカルシウムやタンパク質、ミネラルをたくさん摂取することで、
出産のために使われた栄養素を早くに取り戻すことができ、髪の毛だけでなく身体の調子も良くしてくれます。

 

産後は多くのお母さんが抜け毛に悩みます。自分1人だけと深刻に考え過ぎるとそれがストレスになり、
髪の毛の成長サイクルを通常に戻しにくくなってしまいます。
産後の抜け毛は必ず改善して元に戻るので、気長に待つようにしましょう。
かわいい帽子を被ったり、ヘアケアを始めてみたりと、
抜け毛に向き合うことでストレスを軽減することができ、楽しく子育てをすることができるのでます。

関連ページ

ひこう性脱毛症とは
女性の薄毛対策・原因ドットコムでは、ひこう性脱毛症について説明します。
脂漏性脱毛症とは
女性の薄毛対策・原因ドットコムでは、脂漏性脱毛症について説明します。
若年性脱毛症とは
女性の薄毛対策・原因ドットコムでは、若年性脱毛症について説明します。